本文へスキップ

霊性進化の道   スピリチュアリズム

TEL.

参加者の感想CONCEPT


*今日は死の直後について学びました。
今朝ウォーキングに出かけた時、水難事故の現場に出くわしました。見守る中、青白いその顔は、もうこの世の人ではないように見えました。休日の海辺を楽しんでいただろうと思われる若い2人にこのような現実が訪れるとは思いもしなかったことでしょう。
後からその方は亡くなっていたとわかりました。学習の中で今日の若者の死の直後はどんなであっただろうか、、、。いろいろと考えさせられました。

*死の直後の様子を学び、「死はそれほど恐くないのかな。」と益々思えるようになりました。親族の死の瞬間に立ち会った経験からも、亡くなった人がその場所にいるという実感を持っていたので、今日の内容はとても納得できました。数年前兄が亡くなった時に、その兄が息子の方を叩いたようです。その息子が「オヤジだ。」と言っていたのを思い出しました。

*死後の準備として一番重要と思うのは「霊的なもの」です。今の自分にはまだまだ充分ではありません。自分の死を迎えるまで霊的成長をしていきたいと思います。
今日は地上の愛の実態について学習しました。
愛の実践については他人に対して自然に手を差しのべられてられているのか?
差別なくどのような人にでも同じように手を差しのべられてられているのか?
自問自答の日々が続いています。

*人間の霊的成長を支配する9つの神の摂理は、私の地上人生のすべてです。自分が地上を去った時、霊界の方々や地上人に迷惑は絶対に掛けたくありません。
自分自身は本物の愛、真の利他愛にはまだまだです。霊的知識を身に付けながら、内面を鍛えてまいります。


バナースペース

鎌倉シルバーバーチ読書会